イギリス人の事務処理能力

c0036998_22371922.jpg
[Zanzibar Tanzania, 2002]

月日の経つのは早いもので、すでに5年も前のことになるが、あまりに短かった会社員時代、わたしはつくづく、自分はなんて事務処理能力に欠けたダメ社員なんだろう、と思っていた。

お客様に送る書類一式、規定の同じものを20通用意する、なんて単純作業に数時間かかるうえ、間違いなくすべて揃えられたことは数えるほどしかない。

たいてい、あの書類が一枚だけ足りないとか、住所を印刷してないとかいう封筒が2つ3つあった。ほんと、自分の無能さを呪ったもんである。

現在、図書館の仕事では、来訪者の応対とともに、蔵書(たって大したことないが)の整理、教材のコピー、印刷物の作成などを行っている。

で、つくづく思う。イギリス人、この無能なわたしよりさらに無能である。
でもって全然それを恥じることがない。驚異の心臓だ。

たとえば新規の生徒さんに渡す書類一式をつくるとする。
学校案内、周辺のマップ数種類、地下鉄案内図などをひとつの
クリアファイルに入れる、というそれだけのことだ。
いくらダメダメなわたしでも、ひとりで15分もあればできる。
それをイギリス人スタッフがやると、3人がかりで1時間ですよ。
なぜそうなるのか? それは絶え間なくおしゃべりをしながら作業するからであり、
おまけに途中で別の仕事を闖入させて作業を中断するからであり、
もうなんというか、「おいおいおいおいおいおい」という感じだ。

そういうことを見逃すから、本当に能力ある人、たとえばシティかなんかを
バーバリーのコート着て闊歩しているような人々(すごい偏ったエリート像だ)と、
そうでない単純労働・肉体労働の人々とのあいだに、あまりに極端な知的・
金銭的・社会的格差が生まれてしまうのだ! となぜか鼻息荒くわたしは思うわけです。

アメリカを褒めるのはなんかシャクだけど、やっぱアメリカのいいところは、
「がんばってやろうぜ! がんばればがんばっただけ成果があるんだぜ!」
という向上心が素直に認められるって点に尽きる。イギリスにはこの「向上心」が
なさすぎる(あるいはカッコ悪いと思う)人間が多すぎる! 「やったってどうせムダ」
モードの人々に何を期待すればよいというのでしょう!

去年私の担任だったレイチェルは図書館仕事の責任者でもある。
彼女はイギリス人にしては勤勉で向上心もあって、てきぱきした
「デキる」人なのだが、昨日、一緒にケンブリッジ検定の教材のコピーを
作成していて、やっぱり「おいおいおいおいおい」と思ったことがあった。

ラベルとかね、まっすぐに貼らないし、そもそもきっちり長方形にカットすべき、
わたしなら定規できっちり線をひいてカッターナイフで慎重にいくところを、
いきなり鋏をいれてジョキジョキ適当に切っていくのよ。これがまたアナタ……。
できあがったファイル、歪んでるし、セロテープの端がピロンッてな感じではみ出てるし、
なんかもうヘナチョコ極まりないというのに、レイチェルひとこと、
「Brilliant!(すばらしいわ)」って、ああそんなマバユイ笑顔をわたしに向けてくれるな。

密かにため息をつくわたしを尻目に、彼女、ふわふわカールした金髪を
なびかせて颯爽と去っていきましたとさ。
でも、なんか愛嬌あるというか、憎めないんだよなー。

「勤労は美徳」の国に生まれ育ってよかったのか悪かったのか、
いまいち分からない今日この頃。
[PR]
by masala_days | 2005-05-13 22:38 | イギリス話


20代の暗黒時代をインドとイギリスその他あちこち季節移動し続け、30代、やっと日本国で社会復帰。8か月の産育休を経て、現在、働くかあちゃん。オットの不在中に衝動買いしたマンションの借金返済に勤しむ


by masala_days

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
インド話
イギリス話
英会話あれこれ
旅なんちゃって
突然ですが、よろめきドラマ
Life Isn't All Ha Ha
日本の夏、東京の夏
勝手に宣伝部長
出張料理人修行
年賀状コレクション

以前の記事

2010年 09月
2008年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

ライフログ

Slumdog Millionaire: A Novel

インド商人ならこう考えます―ヒンドゥ世界に学ぶビジネス必勝法

インドで「暮らす、働く、結婚する」

Taranga

A Fine Balance

Life Isn't All Ha Ha Hee Hee

Back to Bedlam

カレーな薬膳

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧