勝手に宣伝部長:James Blunt はかっこいいのよ

c0036998_16223977.jpgBack to Bedlam
強い男のセンチメンタリズムをとことん恥ずかしげもなく追求しちゃったJames Bluntのデビューアルバム。軍隊出身のギター弾き。甘い顔立ちと鍛え上げた身体がすばらしい。詞がねえ、もうベッタベタにクサくて照れちゃうんだけどねえ、わたしゃー顔が好みの男に甘いので、許す。
この、他の誰がやっても許されないであろう、正統派男のセンチメンタリズムとその一方で沸々と流れる冷静な観察眼、わが往年の心の恋人スピッツの草野マサムネくんによく似ている。

==============================================

男の青臭いセンチメンタリズム全開。
骨太でいて繊細なJames Bluntを聞け!

……すいません。そういう気分なんですよ。
ということで、勝手に和訳。聞き取れないところとか、
ちょっと訳者の想像も入ってますので、突っ込まないでねん♪

って、訳してて気づいた、センチメンタルというよりは、
くわばらくわばら、と哀愁漂う歌だった……。
その顔で演歌かいなジェイムス……。

ある意味、今のわたしにぴったりの曲。ががががーーん。

================================================

Billy
by James Blunt

Billy is leaving today, don't know where he's going
Holds his head in disgrace he can't escape the truth
He knows the price that he's paid he admits that
it's too late he admits that he's afraid

ビリーは今日、旅立っていく どこへ行くかは知らない
カッコ悪い面さげて 現実からは逃げられない
お遊びのツケは高かったのを 奴は知ってる
気づくのがちょっと遅かったかもしれないと 知ってもいる

Tomorrow comes sorrow becomes his soulmate
The damage is done the prodigal son is too late
Old doors are closed but he's always open
To relive time in his mind
Oh Billy

明日が来て、孤独が奴の伴侶となる
傷はもうついちまった 放蕩息子はもう流行らない
古いドアは閉まっているのに、奴は今でも物欲しげ
ずっと昔の思い出に 未練がましく浸ってる
ああ、ビリーってば

Billy is leaving today, don't know where he's going
He's got lines on his face they tell the story of his pain
He accepts it's his fate, he admits it
Took too long to admit that he was wrong

ビリーは今日、旅立っていく どこへ行くかは知らない
顔にはシワがいっぱい そこには奴の痛みがにじんでる
それは運命だと受け止めてはいるけれど
間違っていたのは自分だと 認めるには時間がかかった

Tomorrow comes sorrow becomes his soulmate
The damage is done the prodigal son is too late
Old doors are closed but he's always open
To relive time in his mind
Oh Billy

明日が来て、孤独が奴の伴侶となる
傷はもうついちまった 放蕩息子はもう流行らない
古いドアは閉まっているのに、奴は今でも物欲しげ
ずっと昔の思い出に 未練がましく浸ってる
ああ、ビリーってば

Once he was a lover sleeping with another
Now he's just known as a cheat
And he wish he'd had a mirror, looked a little clearer
Seen into the eyes of the weak

ぶいぶい言わした頃もあった
でも今は ただの嘘つきに成り下がった
鏡があればいいのに、と奴は思う
もうちょっとよく磨かれたやつが
負け犬の瞳を、もっとはっきり、映しだすような

Tomorrow comes sorrow becomes his soulmate
The damage is done the prodigal son is too late
Old doors are closed but he's always open
To relive time in his mind
Oh Billy

明日が来て、孤独が奴の伴侶となる
傷はもうついちまった 放蕩息子はもう流行らない
古いドアは閉まっているのに、奴は今でも物欲しげ
ずっと昔の思い出に 未練がましく浸ってる
ああ、ビリーってばよぅ


ジェイムスくん情報↓
http://www.hyperlaunch.com/jamesblunt/
http://www.jamesblunt.com/
[PR]
by masala_days | 2005-07-15 14:23 | 勝手に宣伝部長


20代の暗黒時代をインドとイギリスその他あちこち季節移動し続け、30代、やっと日本国で社会復帰。8か月の産育休を経て、現在、働くかあちゃん。オットの不在中に衝動買いしたマンションの借金返済に勤しむ


by masala_days

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
インド話
イギリス話
英会話あれこれ
旅なんちゃって
突然ですが、よろめきドラマ
Life Isn't All Ha Ha
日本の夏、東京の夏
勝手に宣伝部長
出張料理人修行
年賀状コレクション

以前の記事

2010年 09月
2008年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

ライフログ

Slumdog Millionaire: A Novel

インド商人ならこう考えます―ヒンドゥ世界に学ぶビジネス必勝法

インドで「暮らす、働く、結婚する」

Taranga

A Fine Balance

Life Isn't All Ha Ha Hee Hee

Back to Bedlam

カレーな薬膳

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧