学校で習う英語

大学では別の言語を選択していたので、英語をちゃんと学校で習うのは高校卒業以来10数年ぶりなのです。が、仕事の都合やら海外暮らし色々で、来る前からそれなりに話せたことは話せたんだ。だから、「じゃ、なんでこの期に及んで英語を勉強する必要があるの?」
とよく聞かれる。

必要ったら……、あるのよ、オオアリなのよっ!
いくらコミュニケーションに不都合はないとはいっても、英語母国語の人から見れば稚拙な英語なわけで。日本語の思考と同じ言語レベルの英語でものごとを表現できるようになりたい、と思ったのがそもそも学校に通おうと思った動機でした。
つまり、「おんなじことを伝えるのでも、できるだけ頭よさそうな言い方をしたい」ってことです。

このへん、英語力が中級の上くらいにいるほとんどの人が感じる壁なんじゃないでしょうか。

英語ってほんと、使用人口が多いだけに、いろんな階級レベルや表現があって、勉強すればするほどその底知れなさにウンザリしてくる。
たとえば今まで学んだ他の言語、インドネシア語とかタイ語とかヒンディー語には、英語ほどのバラエティーはない。インドネシア語やヒンディー語は、方言という点でははるかに上回るけれど、階級や社会的帰属を反映したり、イディオムの豊富さやら、文学の多さを比べると、やっぱり英語って圧倒的だなあ、と思う。

学校では一番上級の、ケンブリッジ英検Proficiency(CPE)のクラスにいます。
最初の3ヶ月、Advanceのクラスで語彙やら文法の強化をして、新年からここ。
試験対策だけが目的のクラスではないので、適度に他のこともしてたり。
そんな授業の模様もおいおい紹介していきましょうかねん。
[PR]
by masala_days | 2005-01-19 01:24 | 英会話あれこれ


20代の暗黒時代をインドとイギリスその他あちこち季節移動し続け、30代、やっと日本国で社会復帰。8か月の産育休を経て、現在、働くかあちゃん。オットの不在中に衝動買いしたマンションの借金返済に勤しむ


by masala_days

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
インド話
イギリス話
英会話あれこれ
旅なんちゃって
突然ですが、よろめきドラマ
Life Isn't All Ha Ha
日本の夏、東京の夏
勝手に宣伝部長
出張料理人修行
年賀状コレクション

以前の記事

2010年 09月
2008年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

ライフログ

Slumdog Millionaire: A Novel

インド商人ならこう考えます―ヒンドゥ世界に学ぶビジネス必勝法

インドで「暮らす、働く、結婚する」

Taranga

A Fine Balance

Life Isn't All Ha Ha Hee Hee

Back to Bedlam

カレーな薬膳

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧