香菜LOVER

c0036998_22115285.jpg何が好きって香菜が好き。香菜が食べたくてつくったような今日の朝食です。

←香菜オムレツ&昨日に続いてつくったギーライス香菜増強版。

どうも私はみじん切りというやつが苦手で、香菜もたいがい大胆な超粗みじん切りになってしまう。ブラックペッパーも、つぶしたつもりがゴロゴロそのまま入っているではないか。まあいいや。とにかく、日曜の朝というのはダラダラ寝ていて空腹に耐えかねてようやく起き出してくるので、手早くできることが大事なのだ、うん。

タイ料理に目覚めた10年ほど前から、私は香菜なしでは生きられない身体になった。何でも高い高~いイギリスで、今のところ私が見つけたものの中では、インド料理関連のものだけは日本よりも安い。スパイスや粉類は思わずへへえ~っと唸る手頃さだ。やっぱりインド人はお金にシビアなのだ。

私の住む地域はことにインド系が多く、徒歩圏内に4~5軒の食料品店がある。もっともすべてがインド出身のインド人経営ではないらしく、ムスリムっぽかったり東アフリカ経由っぽかったりもする。いずれにしても、この手の食料品店では、東京では上野くんだりまで出かけないと買えなかったスパイス類や、大手スーパーではなかなか買えないアジアン野菜を売っている。里芋とか、オクラとか、緑のチビ丸ライムとか、新鮮なもやしとか。香菜はインド料理でも最多出場なので、もちろんおいてある。大きな束で30ペンス(60円)くらい。

日曜日にこれを買うと、月・火・水曜くらいは香菜づくしになる。とはいっても平日はろくに料理をできる環境ではないので、電子レンジで調理したカリフラワーとフライドポテトに添えてオリーブオイルと塩コショウをかけるとか、そんな他愛もない使い方だ。ただ、これがあると侘しい英国風ディナーに多少でも心のゆとりを感じることができる。そんな命綱的な役割すら担っている香菜なのであった。
[PR]
by masala_days | 2005-01-30 22:11 | 旅なんちゃって


20代の暗黒時代をインドとイギリスその他あちこち季節移動し続け、30代、やっと日本国で社会復帰。8か月の産育休を経て、現在、働くかあちゃん。オットの不在中に衝動買いしたマンションの借金返済に勤しむ


by masala_days

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
インド話
イギリス話
英会話あれこれ
旅なんちゃって
突然ですが、よろめきドラマ
Life Isn't All Ha Ha
日本の夏、東京の夏
勝手に宣伝部長
出張料理人修行
年賀状コレクション

以前の記事

2010年 09月
2008年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

ライフログ

Slumdog Millionaire: A Novel

インド商人ならこう考えます―ヒンドゥ世界に学ぶビジネス必勝法

インドで「暮らす、働く、結婚する」

Taranga

A Fine Balance

Life Isn't All Ha Ha Hee Hee

Back to Bedlam

カレーな薬膳

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧