カテゴリ:旅なんちゃって( 72 )

邂逅

c0036998_4321069.jpg
赤い月が巡り
眠れない夜が白む
畢竟 それは出口のない迷路
[PR]
by masala_days | 2006-06-17 04:37 | 旅なんちゃって

憧憬

c0036998_2271682.jpg

[PR]
by masala_days | 2006-06-10 02:27 | 旅なんちゃって

夕暮倫敦

c0036998_7133853.jpg
ときどきは、ごまかしてもいいことにしよう。
何も考えないでただやみくもに働く。
忙殺。間をあけない。
胸の痛みに気づいてはいけない。

カフェインの過剰摂取であがる脈拍。
[PR]
by masala_days | 2006-06-04 07:15 | 旅なんちゃって

きっとそれが真実

c0036998_5423154.jpg
君は僕を忘れるから
その頃にはすぐに君に会いにいける
(すばらしい日々:ユニコーン)
[PR]
by masala_days | 2006-06-02 05:43 | 旅なんちゃって

光へ

c0036998_6251611.jpg

[PR]
by masala_days | 2006-05-12 06:25 | 旅なんちゃって

あの空の向こうに

c0036998_7145858.jpg
閉じていく思い出の そのなかにいつも
忘れたくない ささやきを聞く
こなごなに砕かれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される

はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ


(いつも何度でも:覚和歌子・木村 弓)
[PR]
by masala_days | 2006-05-11 07:18 | 旅なんちゃって

種を蒔く人へ

c0036998_9473958.jpg
割れものは手に持って運べばいいでしょう
(スピカ:スピッツ)

ねえ? わたしの両手、ちょっと小さすぎるけれど。
[PR]
by masala_days | 2006-05-10 09:51 | 旅なんちゃって

海を見に行った

c0036998_20112341.jpg

[PR]
by masala_days | 2006-05-06 20:11 | 旅なんちゃって

海を見に行こう

突然、平日のお休みができた。私的に特別な日だったので、

田舎道を通って
c0036998_334252.jpg
海を見に行くことにした
c0036998_335249.jpg
秘密の花園を抜けたり、
c0036998_3361623.jpg
木洩れ日をくぐったりしながら
c0036998_338986.jpg
街道のパブで、ときどき休憩もしてるうちに
c0036998_339278.jpg
ついに夕陽と追いかけっこ
c0036998_3394720.jpg
もう少し待ってよ
c0036998_3402190.jpg
私はここにいるよ
c0036998_3405530.jpg
長い坂を上って、風を切って今度は下る
あなたに見せたい、あなたと感じたい、
お馬さんと青い草と、風が運んでくるそんな匂い

私はここにいるよ
森を抜け丘を越え
トラックの横風に煽られて
70数キロを走ったよ
真っ暗闇の海に着いて
大きな声で
あなたの名前を呼んだ

逃げない 隠れない ごまかさない
私はここにいます

3歩進んで2歩さがり ふりだしに戻ったりしながら
私の時間は過ぎていく

Happy fucking birthday to me.
こんな32歳の誕生日があってもいいね
c0036998_3474742.jpg

c0036998_349571.jpg
帰りはちょっとズルしました
[PR]
by masala_days | 2006-05-05 03:52 | 旅なんちゃって

散花激情

c0036998_703367.jpg
基本的に自分が撮った写真は好きである。
自己愛の強い人間としては、愛しているといってもいい。
そのときの自分が何をどのように見ていたかよくわかる。

今日の私は、論文の締め切りをあさってに控えて気ばかり焦り、
なんだかものすごく苛々しており、

この不快感というか、

腑に落ちなさというか、

情緒不安定というか、

きぃぃぃと叫んでRegent's Parkの池にアヒルの親子とともに
飛び込んでズブ濡れになってしまいたくなる衝動というか、

これってなんだろう? と考えて考えて考えて考えて、
結局、なにがなんだかわからんようになり、
たまたまその存在を思い出した、ラップトップのなかに眠っていた、
かつて一緒に住んでいたオトコの写真をすべて処分した。
景気よくフォルダごとごみ箱に逝った。

大人の理性として、そういうものを捨てるのは
何かに敗北したような気になるので控えていたのだが、
どうやら私のなかにはその件に関して今でも
けっこう感情的なことが残留しているらしい。
苛々の本質はきっとそこにはないのだが、ちょっとすっきりした。

オトコの写真なんか撮るもんじゃないなーー。
などと思いながらも、喉元すぎると熱さを忘れる体質の私は、
やっぱり、誰かを撮りたくなるに決まっているのである。
でもほんとはさ、そんなオタメゴカシの思い出なんかいらないから、
思い出にならない現在進行形がほしいよ、というのが本音だ。

というわけで、空き領域、増えております。
動作も軽くってよ。
c0036998_73361.jpg

[PR]
by masala_days | 2006-04-27 07:03 | 旅なんちゃって


20代の暗黒時代をインドとイギリスその他あちこち季節移動し続け、30代、やっと日本国で社会復帰。8か月の産育休を経て、現在、働くかあちゃん。オットの不在中に衝動買いしたマンションの借金返済に勤しむ


by masala_days

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
インド話
イギリス話
英会話あれこれ
旅なんちゃって
突然ですが、よろめきドラマ
Life Isn't All Ha Ha
日本の夏、東京の夏
勝手に宣伝部長
出張料理人修行
年賀状コレクション

以前の記事

2010年 09月
2008年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

ライフログ

Slumdog Millionaire: A Novel

インド商人ならこう考えます―ヒンドゥ世界に学ぶビジネス必勝法

インドで「暮らす、働く、結婚する」

Taranga

A Fine Balance

Life Isn't All Ha Ha Hee Hee

Back to Bedlam

カレーな薬膳

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧