カテゴリ:旅なんちゃって( 72 )

サヨナラはまだいわない

c0036998_647880.jpg
一人きりじゃ叶えられない
夢もあったけれど
(楓:スピッツ)
[PR]
by masala_days | 2006-04-26 06:47 | 旅なんちゃって

小雪野菊

c0036998_438643.jpg
"You are absolutely an attractive woman".
Every one says the same thing.
And then no one's with me.

思い出なんかいらないのに。
[PR]
by masala_days | 2006-04-25 04:38 | 旅なんちゃって

A beautiful day

c0036998_515461.jpg
いつか晴れた日に
c0036998_5153840.jpg
日向ぼっこでもしながら
c0036998_5161132.jpg
埒もないおしゃべり、したいです。
[PR]
by masala_days | 2006-04-23 05:20 | 旅なんちゃって

それは毒薬かもしれぬ

c0036998_555126.jpg
Taste like honey, but don't swallow it all!
"Hey Dude" (Kula Shaker)

c0036998_562068.jpg
Look down,

c0036998_572717.jpg
And look upwards.
[PR]
by masala_days | 2006-04-23 05:12 | 旅なんちゃって

路傍徒花

c0036998_723854.jpg
散りもせず 雨粒をさえ 纏わんとす
[PR]
by masala_days | 2006-04-22 07:23 | 旅なんちゃって

さりとてこの汚れた手

c0036998_20111670.jpg
真白に戻すことはできぬ
[PR]
by masala_days | 2006-04-21 20:11 | 旅なんちゃって

夕暮れ倫敦

c0036998_7291547.jpg

赤信号ニ 従ワズ
タダ ヒタスラ 前ヘ 進ム
[PR]
by masala_days | 2006-04-20 07:29 | 旅なんちゃって

今日の空は少し悲しくて

c0036998_6334177.jpg

マイナーですな。ベタですな。
今日の空を見てたら急に思い出したんだ。

♪Sailing 愛したかった 思い出を 捨てて
I'm sailing ポケットには 君が笑う ロケット
(By 高橋幸宏 もしかしたら誰かのカバー曲かも?)
[PR]
by masala_days | 2006-04-19 06:35 | 旅なんちゃって

なま酔い

c0036998_194220100.jpg

どれだけ呑んでも、あなたが決して酔ってなんかいないこと、私は知ってる。

結婚なんか絶対しなさそうだった人が結婚した。
バタバタしてる合間をぬって、慌しくコーヒーを飲んだ。
「最近、家に帰るのが楽しみでさ」
柔らかに、穏やかに、若干の照れを口の端の歪みに込めて、微笑んだ。
そんな顔を、自分が近くにいたときに見たかったな、と少し心が痛んだ。

その人の本質は、おそらく変わっていない。
私の本質も、おそらくずっと変わっていない。
人間なんて、そうそう簡単に変わるものじゃない。
変わったのは、どの部分をどのように表出させるか、ということだ。

優先順位を変えることはできないから、私はこんごも、
莫迦な衝動に突かれて莫迦な旅をするだろう。
でも、少しだけ学んだことがある。

細い糸の先につながった救いを手繰りよせ、
あんな顔を、私もいつか、引き出してみたい。
[PR]
by masala_days | 2006-04-18 19:56 | 旅なんちゃって

女の子だもの、たまにはおセンチ

c0036998_1835330.jpg
会いたい人、
会っておきたい人、
会わずにはいられない人、
会わなくてはいけない人、

なんだかそんな人たちの顔がぐるぐるして、 眠れなくなってしまったのです。 会おうと思っても会えない人もいるわけだしさ、 会えるなら、イギリスと日本くらいひとっ飛びさ。

2月25日。こんな日記を書いていました。そして私は数日前から日本に一時帰国しています。
もう10年近く会ってないおばあちゃんや、友人や、大好きな人に会いたくて、満開の桜も見たくて。





帰国数日目、まったく予想もしていなかったところから、
突然の危篤の知らせ。もう無理です、とのこと。
身体の丈夫な人なのに、まだ若いのに。

こう書くと殊更に因縁めいて聞こえるので嫌なのだが、
帰国の数日前、すごく気に入ってた皿を洗おうとしたら、突然、割れた。
割ったんじゃなくて、パキッて感じで真っ二つに割れて、
すごくヤな感じで、夜中だって分かってるのに国際電話をかけたんだった。
特に変わったことはないよって言ってた。

本当は一昨日から山梨に出かけるはずだったのに、
時差ボケ+不摂生で起きたら午後3時だったので取りやめにしてたとか、
たまたま近くに車を出せる人がいて駆けつけられたとか、
考え出したらキリがないけど、そうなるようになったのかな。
こういうことは前にも何度かあった。後からのコジツケを差し引いたとしても、
人が儚くなるときは、なんとなく分かるものだ。

あとはあんまり長引かずに、早く解放されることを願うばかり。
そして、いなくなる人のことよりも、これからまだまだ未来が残ってる
人のことのほうが何倍も大切。

どうせなら、バナナの皮で滑って転んだとか、
思い切り間抜けでアホな最期がいい。
[PR]
by masala_days | 2006-04-06 19:51 | 旅なんちゃって


20代の暗黒時代をインドとイギリスその他あちこち季節移動し続け、30代、やっと日本国で社会復帰。8か月の産育休を経て、現在、働くかあちゃん。オットの不在中に衝動買いしたマンションの借金返済に勤しむ


by masala_days

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
インド話
イギリス話
英会話あれこれ
旅なんちゃって
突然ですが、よろめきドラマ
Life Isn't All Ha Ha
日本の夏、東京の夏
勝手に宣伝部長
出張料理人修行
年賀状コレクション

以前の記事

2010年 09月
2008年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

ライフログ

Slumdog Millionaire: A Novel

インド商人ならこう考えます―ヒンドゥ世界に学ぶビジネス必勝法

インドで「暮らす、働く、結婚する」

Taranga

A Fine Balance

Life Isn't All Ha Ha Hee Hee

Back to Bedlam

カレーな薬膳

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧