<   2005年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

出張料理人修行その1

c0036998_22235.jpgイギリスの外食事情はほんとに悪い。うんと立派なレストランに行けばそれなりに満足できるのだろうが、特別なイベントでもない限り、あるいはうーんとお金持ちでもない限り、そんなレストランには気軽に行けない。で、よくあるのが、「なんでこんなもんに10ポンド(約2000円)も払わなきゃならんのだ???」という、ぶつけようのない怒りである。

きっかけはある知人の言葉。
「実費と手数料払うから、友達来るときとか、料理してくれへん?」
みんなテキトーなチャイニーズとかコリアンの外食には飽き飽きしている、という。同じ10ポンド払うなら、おいしいものに払いたい、という。

というわけで、ぶっちぎりアマチュア出張料理人で小銭を稼ごうと思い立ち。どうせならきっちり金取りたい。金取るならまともなものを出したい。料理は好きだがヒトサマから金を取るにはあまりにお粗末な己の腕を磨くため(というかまあ仲間内の集まりのついでに、なんだけど)、昨日、友人宅でインド料理大会を開催いたしました。

[お品書き]
1)ムスリム風チキンカレー
2)アルゴビいんげん
3)チャパティ

4)パプリカとカリフラワーのサンバル
5)鮭のココナツカレー
6)ギーライス

例によって例のごとく、アルゴビいんげん以外はぜんぶ渡辺玲さんのレシピ。
1~3が北インド風で、4~6が南インド風。
「肉と魚が入って、汁系とドライ系があり、万人受けしそうなもの」、んでもって
私がひとまず作り慣れているもの、を基準にしたら、このメニュー構成になった。
南インド部門にドライ系を入れたかったが、あいにくレパートリーがない。

対象は6名。
乳鉢とかマイナイフ(包丁すら持っていないテイタラク)、ふきん、エプロン、
スパイス全種を小さなスーツケースに詰めてがらがら引いていく。
今回は友人の集まりなので、みんなでスーパーに寄って材料を買い、
うちふたりが一緒にキッチンに立ってヘルプしてくれた。
みじん切りとかスパイス潰しとか肉の下ごしらえとか、苦手なものを全部
やっていただいて非常に楽でした。ありがとう!

が、作り出してから全品出し終わるまでに3時間かかった。
これはちょっとビジネスにするときは長すぎるよな。
時間を短縮するポイントをもっと絞り込まねば。

野菜や何かをわたしが用意していくと、けっこうな荷物になってツライので、
それは現地調達ということにしよう。野菜はいったん切っちゃうと数時間もたないしな。

サンバルのトゥーラン・ダルだけは事前に煮ていったのだが、
たとえばニンニクとしょうがのすり下ろしとか、玉ねぎのみじん切りとか、
サンバル・パウダーの調合とか、そんなものも用意しておけばよかった。
あと料理ごとに使うスパイスをあらかじめ分量ずつセットにして
分けておけばよかった。

情けないことに、何度つくってもレシピを見ないと手順やスパイスが
ごっちゃになって分からなくなってしまう。何品か同時進行の時はなおさらだ。
(ピアノを習っていた時、どんなにお気に入りの曲でも、
いつまで経っても譜面なしで弾けるようにならなかったことを思い出した)

でも金取るのに本を見ていたのではあんまり情けないので、
今度やるときは、きっちり内緒の進行表を用意していってやることにしよう。
そんなのも数をこなせばいずれ頭を使わずしてできるようになるだろう。
ま、そうなるまでは金とれねー(儲けるつもりだったのにヘンなとこで真面目なのさ)。

しかし昨日は、友人が友人を呼び、6名のはずが最終的に11名にふくれあがり、
一品出すたびあっという間になくなるので、けっこうヒヤヒヤものでした。
苦肉の策として、最初はいっぺんに出そうと思ってたメニューを、

1)前菜(っていうか間もたせ)→アルゴビいんげん
2)サンバルとギーライス
3)チキンカレーとチャパティ
4)鮭カレーと再びギーライス

という順番で、安い野菜ものから出していって、一番高~い鮭はラストという、
ものすごいみみっちい出し方をしてしまった。だってほんとにどう見ても足りなかったんだもん。
いやー時間は無意味に経つし材料足りないし、横からあれこれ口挟んでくる人はいるし、
テンパってましたねー。あらためて、プロの料理人ってすごい。

「インド料理とかスパイスもの嫌い」というイタリア人のプロのシェフがいて、
私がキッチンで作業をしている間、けっこう長い間、横で眺めていて、
内心、「あんたは向こうへ行っててくれーーー」などと思っていました。
花のアマチュアだからね、野菜の切り方とかスパパパパパーンとはいかないのよ(泣)。

でもあんなに嫌いだっていってたのに、その彼が気づいたらチキンカレーや
鮭カレーをパクパク食べていてびっくり。あなたが嫌いだとあれほど主張した
クミンシードとかがんがん入ってるんですがーー。
「君のボーイフレンドになる人はラッキーだねー」とお褒めの言葉をいただき、
大変うれしゅうございました。
スローフード命のイタリア人には、スパイスごりごりからやってるカレーは受けたと見える。

イタリア人けっこう好きかも(単純)。
[PR]
by masala_days | 2005-10-30 22:13 | 出張料理人修行

イギリスのお料理番組事情

毎週土曜日の朝やっている「Saturday Kitchen」という料理番組、
たいがい、ほげほげ寝坊しながら見ているわけですが、
数週間前に、「ボンベイ・ポテト」という、おそらくボンベイには存在しないであろう
イギリス産のインド料理を紹介していた。

Antony Worrall Thompsonっていうね、テレビ御用達のセレブ・シェフがね、
軽快な語り口でパンパーンと料理をつくっていってね、それはそれでショーとして
面白いのだが、やっぱりさー、イギリス人さーーー、やることが荒いぜーーー。

ボンベイ・ポテトとは要はジャガイモのスパイス炒めである。
似たような料理は、ディティールこそ違えども、
インド各地の家庭料理にきっとあると思う。

アントニーったら、これはターメリックでこれはクミン、などと説明しながら、
皿の上の粉状スパイスを一気に熱した油の中に投入!!!

おいおいおいおいおいおい。
粉状スパイスを油に入れたら、焦げるし香りも飛ぶだろうよ。
だいたいスパイスだって種類によって、入れる順番とか
タイミングつうものがあるというのに、何もかも一緒くたに、「どかーん」。
おまけに本来はベジタリアン・メニューだったであろうものなのに、
そしてインド料理はダシを使わないのが原則なのに、
インスタント・チキンスープを、「どかーん」。

これはたとえて言うなら、
「みりんと酒と醤油を混ぜてぐりぐりして沸騰させて、その中に野菜や生肉を
ぶちこんで煮込んだ肉じゃが」、ついでに醤油は中国の甘い醤油を使用、
みたいな乱暴さである。「さしすせそ」とか関係ないのである。

だいたいイギリス人はあの世紀末状態のジャンクな食事を、
"simple"と表現するのだ。365日レンジでチンなディナーを、
"We live on simple food"とかヌケヌケとかます。
それは"simple"じゃなくて"お粗末"と形容すべき事柄だろう、といつも突っ込みたくなる。
だからきっとこのレシピも、料理らしきプロセスを経ているだけマシなのだ。
イギリス人、いつまでも各国から口汚く「料理音痴」と罵られたままではいけない、と
多少は気づき始めているのだ。でも本格的に料理の何たるかに触れようというところまで
行かないから、こちゃこちゃ面倒くさいスパイスの合わせ技を大胆に一挙省き、
"simple"にイギリス化した元インド料理をシャアシャアと朝から紹介したりするのだ。

できあがった「ボンベイ・ポテト」を、インド系っぽい女性コメンテイターが
「まあおいしい。ブリリアント! アントニー、あなたすっかりインド人ね」と
ベタ褒めしてたよ……。思い切り簡略化した配慮のない料理なんだって、
あんたそりゃ立派なイギリス料理だよ……。

なんだろーな、私も以前はそれに近い厚顔無恥なやり方をきっとしていたはずだから、
知ったかぶって、あまり他人を不用意に馬鹿にはしたくはないが。

「イギリス人、やっぱり料理に関してガサツである」。

と、勝手ながら定義づけさせていただくことにしました。
反論できるものなら受けて立ってよ! 
[PR]
by masala_days | 2005-10-29 10:47 | イギリス話

ARAKI self.life.death

Barbican Centreで行われている荒木経惟展に行ってきた。
タイトルは"ARAKI self.life.death"。

いつごろからか忘れたけど、ずっとアラーキーが気になっている。
アムステルダムの美術館でたまたま手に取った「Tokyo Luckey Hole」という
分厚い写真集を買って以来かもしれない。

「Tokyo Luckey Hole」は80年代の歌舞伎町の風俗産業を撮りためた写真集で、
きっと日本で出版することはできないんだろうな、というエロとグロとせつなさが
これでもか、と詰まっている。
ある人に餞別だと言ってあげたのに、やっぱり惜しくなって後日、返してもらったという、
ハタ迷惑な個人的思い入れのある本でもある(だって日本で入手不可能なんだもん)。

今回は太陽賞をとった「さっちん」から最新シリーズまで一挙展示。

「さっちん」は何気に初めて見た。昔の日本の子供って、今のインドの子供みたい。
いろんな構図でいろんな手法を使って撮ったっていうのがすごくよく分かった。
もうちょっと点数が多かったらよかったのになあ。

一番好きなのは、なんといっても奥さんの陽子さんのシリーズだ。
いいなあ、こんな風に愛されたいよなあ、と思う。
だから、彼のモデルはみんな足広げて脱ぐんだよね。
広げて、なんて言われなくても、広げたくなっちゃうんだよね。
陽子さんになりたくて、ほらここから生まれてごらんよって言いたくてさ。
作品集「陽子」では、いつも最後の空のカットで号泣してしまう。
(この「陽子」と「Tokyo Luckey Hole」だけは重いの頑張ってロンドンに持ってきた)。
"Life is a sequence of small events rather than one big drama"。
……やっぱり泣けた。私の夢は、小さな家とあったかい家庭だよアラーキーうえーん。

「The Banquet」という、食事ばかりを撮ったシリーズもお気に入り。
食べ物がエロになるってことを、これほど実感する写真もないよなって感じ。
普段は取り澄まして隠している動物的側面を引きずり出されるというか。
ユッケをぐりぐりかき混ぜてだらしなく食べながらセックスしたくなりました。
ま、イギリス人はきっとこういう写真は、「汚い」とか思うんだろうな。
"Dining was a love affair with death"とありました。

今回のExibitionはかなり大がかりなもので、来年の1月までやっているそうです。
学生割引で6ポンド。一周するのに軽く2時間はかかった。見ごたえがありました。

LOVEと絶望の果てに Byマサムネ(「隼」より)
という言葉がぴったり来たかな。

と、閉館ぎりぎりまで居座ってから出ると、ホールではチェロとロンドンフィルハーモニーの
コンサートをやっている。おまけになんとおおらかなんだろうか、とってもいいスピーカーで
ロビーに音を流してくれている。スクリーンで中の様子も見られるので、
チケット買わずにずっとロビーで演奏を満喫しました。
一番安い席、5ポンド(千円)なんだけどね。ケチってるからさ最近。
他にもちらほら「ロビーでタダ聴き」組の人たちがいた。
イギリスのこういうとこが好き。

おまけにホール前のレストランのテーブルは開店休業状態で、学生っぽい人々が
勝手に座り込んで勉強してた。いいなあ、タダで良質の音楽聴きながら勉強なんてさ。
私も今度原稿持ってきてここで仕事しよう。

というわけでバービカン、ひじょうに楽しめました。これからも通いそうです。
[PR]
by masala_days | 2005-10-27 09:23 | イギリス話

引きこもってていいんだろーか

今日こそアラーキーのロンドンExibitionいこうと思ってるのに……。
ひきこもってるよ冬眠状態だよ……。外、寒いしさー。

ところで、ブロードバンドが開通したらぜひやりたかったことのひとつに、
ラジオを聴く、ということがあった。で、さっそく色々試している。

http://www.bbc.co.uk/worldservice/us/languages.shtml
す、すごいぞ。タイ語もヒンディー語も聞ける。

これは語学学習の強い味方になりそう!
俄然、やる気がわいてきた!スクリプトもあるし!

が、わたし、ヒンディー、読めるけど意味わかんないんだよね……。

そもそも、インドの田舎を旅行する時に、英語表記がないバスの行き先を
なんとか読み取ろうと文字を覚えただけなのだ。 ろくに勉強していないのに、
読めたからと言ってあまり役にはたたない。

だいたい、苦労して読めたと思ったら、「だーくたる(doctor)」、「でーんたる(dental)」、
「いんてるねっと(internet)」、「せんたーる(centre)」……、それって英語じゃねーかよ、
というのが多い多い……。

きっと日本在住の外国人も、同じような思いをしていることでしょう。
せっかくカタカナ覚えて苦労して読んだら妙な外来語ばかりで。

さて上記の各国語ニュースですが、ロンドン発のBBCだからなのか、ヒンディー語もタイ語も、
心なしかアナウンサーの発声が 西洋っぽい低音のハキハキした感じだ。女の人なんか、
もっと柔らかく話すもんなのに。 帰国子女のシャベリって感じ。
[PR]
by masala_days | 2005-10-26 23:07 | イギリス話

James Blunt 勝手に宣伝部長第2弾

この夏、タイのビーチリゾート・ホアヒンにいた時、あまりに救いのない異人種カップルを
見るにつけ、バーやら海辺で思い切り大音量でかけたかった一曲です(苦笑)。
ほんと心からやりたかったんだけど、もし実際にやってたら、すんごい嫌がられただろうなあ。

--------------------------------------------------------------

c0036998_6203221.jpg
Wisemen
By James Blunt from "Back to Bedlam"



She said to me, "Go steady on me.
Won't you tell me what the Wise Men said?
When they came down from heaven,
Smoked nine 'til seven,
All the shit that they could find.
But they couldn't escape from you,
Couldn't be free of you,
And now they know there's no way out,
And they're really sorry for what they've done,
They were three Wise Men just trying to have some fun."

彼女は言った、「汝、われと添い遂げよ。
賢者どもの言葉を伝えるべし。
天から舞い降りし時、手に入った全ての上物を
やつらは七の刻まで貪った
汝から逃れられず、決して解き放たれることなく
今になってようやく、やつらは逃げ道がないことに気づいた
なんてことをしちまったんだと後悔してしている
それは三人の賢者たち、ただちょっと遊ぶだけのつもりだった」

Look who's alone now,
It's not me. It's not me.
Those three Wise Men,
They've got a semi by the sea.
Got to ask yourself the question,
Where are you now?

見ろよ、最後にひとりぼっちなのは誰だ?
そいつは俺じゃないぜ俺じゃない
あの三人の賢者たちは、海辺に家を持ってるんだ
己に聞いてみよ、おまえは今、どこにいる?

Really sorry now,
They weren't to know.
They got caught up in your talent show,
With you pernickety little bastards in your fancy dress,
Who just judge each other and try to imress,
But they couldn't escape from you,
Couldn't be free of you,
And now they know there's no way out,
And they're really sorry for what they've done,
They were three Wise Men just trying to have some fun.

ほんとに悪いと思ってる、知るべきじゃなかった
お祭り騒ぎにつかまって、 小心者のくせに精一杯着飾って
少しでも目立ってやろうと お互いに値踏みしてる
でもやつらはおまえから逃れられない、 自由にはなれない
今になってようやく、逃げ道がないことに気づいた
なんてことをしちまったんだと後悔してしている
それは三人の賢者たち、ただちょっと遊ぶだけのつもりだった

Look who's alone now,
It's not me. It's not me.
Those three Wise Men,
They've got a semi by the sea.
Got to ask yourself the question,
Where are you now?

見ろよ、最後にひとりぼっちなのは誰だ?
そいつは俺じゃないぜ俺じゃない
あの三人の賢者たちは、海辺に家を持ってるんだ
己に聞いてみよ、おまえは今、どこにいる?

-------------------------------------------------------------------
*ひめぽん不明点(分かる人いたらコメントください!)。

Smoked nine 'til seven,
All the shit that they could find.

ここの"nine"と"shit"はどう解釈したらよいのでしょう?
「上物のヤク」という風にムリヤリ解釈しましたが……。

全体の"you"、これっていったい誰なの????

ジェイムスのこのわけわかんない系の歌詞、すごいマサムネの詞の不条理さと
通じるものがあると思うのは私だけだろーか? 
そんで、すんごい細かく分析したくなるんだよね。

ああどっちもラブ! ひとりで絶唱中!
[PR]
by masala_days | 2005-10-26 07:16 | 勝手に宣伝部長

またしてもミスっていた

がががががーーーーーーん。

私が愛するインド映画界きっての怖いおやじ、アムリーシュ・プリーがなくなっていたことを
いまさら知った。今年の1月だとか。

なんでこう、いつも乗り遅れるんだろう。
アムリーシュがもういないなんて。うえーん悲しいよう。

確かに、映画賞なんかで出てくると、どこかが悪そうな顔色をしていたけど。
ボリウッドの怖いおやじ役は誰が引き継いだんだろうか。あの人以外にいるんだろうか。

72歳だったそうです。そうだよなー、80年代とかもっと前から
数十年怖いおやじやってたんだもんなー。偉大だ。
実際、かなりやくざな世界とつながりがあったらしいというのもよく知られた話。
芸能界ってどこでもそんなもん。そんなことはいいんだよ、
あたしゃーあの人の分かり易すぎる「怖いおやじ度」をこよなく愛してたんだよ。

もうひとり愛するおやじ役のアヌパム・ケールは確かすごく若いんだった。
実年齢若いのに、いつも老け役。アムリーシュと対照的に、理解ある優しい
父親役と言えばこの人。
ちょっとトボけたような味もあり、かと思うと冷徹なマフィアのおやじみたいな
役もたまにやっていて、本当はすごく芸風の広い人なんだと思う。

「Bend It Like Beckham(ベッカムに恋して)」(ベッカムってこんなつづりだったっけ)でも、
伝統を大事にしながらも、新しい波にのりかけているわが子を最後には認める、
シク教徒のおやじ役をターバンかぶって熱演してました。

ああ久々にインド映画魂が燃える。そろそろ、あの無意味に歌って踊る感じが恋し。
[PR]
by masala_days | 2005-10-25 10:27 | インド話

つかのまの晴れ

日増しに寒くなっていくロンドンです。

ぴんと張り詰めた空気、晴れると気持ちがいいんだけどね、
雨降ると悲惨だよね……。

でもまだ唸るほど寒くはない。今月末まで夏時間だし。

今日はセントラルまでお買い物に行きました。
日曜日のオックスフォード・ストリートとかピカデリー・サーカスは
もう鬼のように混んでいて、わたしがもっとも苦手とするものなのだけれど。

ピカデリー・サーカスから目と鼻の先に、すてきな教会を見つけました。
St. James Church というその教会、中へ入ると、正面に大きなステンドグラスがあって、
高い天井はわりと質素な装飾で覆われていて、おまけに外の喧騒が嘘のようにひと気がない。

ぽつり、ぽつりと礼拝席(というのだろうか?)に腰かけて、ステンドグラスを見上げて
考え事をしている風の人たちがいました。

静かに考え事をしたり、ひとりになりたいことがあったら、また来よう、と思いました。
[PR]
by masala_days | 2005-10-24 03:37 | イギリス話

心にしみる歌

c0036998_7152274.jpg[リバプールストリート駅の果物売り 22OCT2005]

ちょっと前のこと。ロンドン北部の友人の家に遊びに行った帰り、夜もいい加減更けた時間、郊外列車に乗ったら、私の隣の隣に黒人のおじいさんが乗っていた。ぼろぼろの、一応は背広、そうだ、スーツじゃなくて背広というにまさに相応しい服を身に着けた小柄なおじいさんが、小刻みに膝でリズムをとりながら、歌を歌っていた。

何語だかさっぱり分からなかったけど、おじいさんの風貌からして、アフリカのどこかの言葉だと思う。わたしが勝手に想像するところの、陽気で力強いアフリカじゃなくて、どこか物悲しいメロディの歌だった。周りに気を使っているのか、本当はもっと出せるのに少し抑えた感じの声量だった。

向かいの黒人のおねえさんも、隣のインド系のおにいさんも、そして私も、「なんでここで???」と思いながらも、おじいさんの歌に漂うただならない郷愁の思いに、きっと同じ思いでいたと思う。

おじいさんは時々、隣のインド系青年に何事か話しかける。
青年、おじいさんの言葉は聞き取れないらしいものの、ふた言み言、言葉を返す。

インド系青年が降りて、その次の駅でおじいさんも降りた。
ちんまりしたおじいさんの背中が、暗いプラットホームにすーっと消えていった。

薄暗い郊外列車の車内で、疲れてぼんやりした頭で、私は確かに行ったこともないアフリカの空とか空気みたいなものを感じたんだよね。

いろんなことから取り残されていくけど、清く正しく前を向いて背筋を伸ばして生きていこうと思う。……なんか青臭いなあーーーー。
[PR]
by masala_days | 2005-10-23 07:22 | イギリス話

ひさびさの料理写真だ!

引越し先のフラット、台所がけっこう広めで、あいかわらず食にだけは執念を燃やす
私は、暇があればあるだけ閉じこもっています。

c0036998_7305660.jpg


サバのトマトとココナツ煮込み。
レシピは特にない。すんごい適当につくったが、
インド料理修行をはじめてから早一年ほど、
それなりに勘が養われてきたらしく、なかなかうまい。

しかしサバ、物価高のロンドンにあっていつも安くておいしくて、
なんて素晴らしい魚なんだ! 
大きなサバ2尾で1.7ポンド(340円くらい)だったけど、
サーモンとか軽く倍はするので、ほんとに割安感がある。
えらいなあサバは。
[PR]
by masala_days | 2005-10-22 08:08 | イギリス話

ああ、文明開化の音がする……。

苦節1ヶ月、やっと引越し先の新フラットにブロードバンドがつながりました。
インターネットがないって、ないって、ないって、なんて不便なのだと実感した1ヶ月でした。
インドだったらあちこちにインターネット屋があって、しかも安いのに! とか、
言ってもしかたがない文句を言い続けた1ヶ月でもありました。

ところで、プロバイダーから本当はモデムやらなにやら送られてくるはずなのに、
それはまだ未着です。
とにかくこの、晴れて接続に至るまでは不可解なことが山積みでした。はあ。

ワイヤレスの設定で手間取って数時間に渡って格闘していたのだけど、
それもあちこちいじっているうちに解決。つながったぞ!
うれしい。

というわけで、これでまたブログも更新できるというものです。
乞うご期待! (本当に精根尽き果てたわよもう……)。
[PR]
by masala_days | 2005-10-21 08:34 | イギリス話


20代の暗黒時代をインドとイギリスその他あちこち季節移動し続け、30代、やっと日本国で社会復帰。8か月の産育休を経て、現在、働くかあちゃん。オットの不在中に衝動買いしたマンションの借金返済に勤しむ


by masala_days

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
インド話
イギリス話
英会話あれこれ
旅なんちゃって
突然ですが、よろめきドラマ
Life Isn't All Ha Ha
日本の夏、東京の夏
勝手に宣伝部長
出張料理人修行
年賀状コレクション

以前の記事

2010年 09月
2008年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

ライフログ

Slumdog Millionaire: A Novel

インド商人ならこう考えます―ヒンドゥ世界に学ぶビジネス必勝法

インドで「暮らす、働く、結婚する」

Taranga

A Fine Balance

Life Isn't All Ha Ha Hee Hee

Back to Bedlam

カレーな薬膳

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧