人気ブログランキング |

多様性を認める

さて。思うところありまして、通じる人にだけ通じればよいという意図で書きます。

たとえ相手も同じコストを支払っていて、自分と同等の権利を持っていても、それでも自分の権利を侵害されるのはガマンがならない、そしてそれをその場で解決せずに後に持ち越してわざわざたくさん人がいる場でクレームにするという人は、きっと多いのでしょう。

朝の通勤ラッシュで子どもが騒いだからと、「みんなこれから仕事に行くんですよ」と言って無理やりその親子を降車させたOLさんの話も、ちょっと前にあったっけ。

このブログのライフログにも載せている、わたくしが密かに人生の師匠と仰ぐ清好延さんの著書「インド商人ならこう考えます」というビジネス書に、

およそ人間同士のやりとりでありうるトラブルは、とにかく目の前の人を説得すればたいていは解決するものだ。

という一節があるのだけど、わたしの印象では、これができない(むしろ、しないことを「よし」とする)人が日本にはものすごく多い。

いま、その場で、目の前にいる人に、ちょっと声をかけて意思の疎通を図る。

ということを、陰で別の人に言うとか、何か別の、ええ話やなーとみんなが思っている場で水を差してみるとか、いずれにしろマズいやり方で自分の思いを遂げようとする、という場面に、何度遭遇したことか。


先の通勤ラッシュのOLさんは、確かに目の前の親子に直接掛け合ったわけだけど、それは果たして双方恥をかかないうまいやり方だったのか。否、でしょう。

他の国は知らないけど、インド人とイギリス人はこういうのがものすごくうまい人が多い。言うほうも言われたほうも、どちらも気まずくならないように自分の気持ちを伝え、相手にも配慮し、よし分かったじゃあこうしよう、と落ち着く。クレームはその場で言わないと意味がないことも、冷静に中立に伝えないと逆に自分も相手や周囲の人のクレームの対象になることも、よく分かっている。

日本なんて国がいつまで存亡できるか分からないけど、アジアの勢いのある国々の労働力がどんどん入ってきて、これからもっともっとたくさんの価値観のなかで生きていかざるを得なくなると思うんだよね。目の前の人を説得して解決を図る代わりに別の誰かに訴えて溜飲を下げる、みたいなやり方が、いつまでもつんだろう。そういうやり方で人生を運営していって、その人は一体なにを得られるというのだろう。だいたい、、反論できる立場にない人に訴えるのってすでにアンフェアだよね、金銭の授受があったとしても営利目的ではない場合は特に。

(ものすごく偏った余談)日本なんてアメリカの属国になって白人の治世で万事進められて、馬鹿にしているアジア各国の、実はもっとずっと優秀な人々にどんどん重要な地位を奪われて、ナニクソ、クヤシイゾ、ヤマトダマシイ見セテヤル、みたいなの、もう一度体験したほうがいいと思うね、マジで(余談終わり)

幸いなことに、言わなくても通じる日本的な以心伝心なんてものは、多様性を絵に描いたようなわたしの職場ではまずあり得ない。
「言わないことは存在しないこと」というグローバルスタンダードは、決して悪いもんではないよ。なぜなら「話せば分かる」というのはだいたいのところは本当で、文句を言いあっているうちに問題が解決されたりプロジェクトが進んで行ったりするから。冒頭の「言っても分からない人には分からない」という言葉と矛盾するようだけど、100%理解しあえなくても、仮に50%程度であっても、問題を解決することはできるもんです、お互いを認めるという努力のもとに(これをさせないように、一部の利益を握りたい人々がその他一般の人々を利用するのが戦争だと私は思う)。わたしのような非国民(笑)には、そのとき労を割いて相手とやりとりすることのほうが、腹のさぐり合いで疲れるよりはずっとマシだ。

……というわたくしの、「おまえなんて半分ガイジンじゃ、すぐ『日本人は~』とか知ったかぶって語りやがって」とでも言われそうな、とある憤りをですね、ある人は、思わず恐れ入ってしまうぐらいの徹底した、「わたくしが至りませんで」という姿勢で対応したのよ。

すごいよ。全てを飲み込んで、毒を食らわば皿までみたいな、クレームつけた相手が矮小に思えてしまうような、そんなやり方があったのね。有無を言わさぬ迫力だった、わたしには絶対できない、尊敬する。以上。

文句がある人は前に出るように(笑)。
# by masala_days | 2010-09-22 00:48

James Blunt 21st Apr 2008, Tokyo

It was a long, hot day in Woodstock last time I saw you. Been nearly two years??

Oh James, it's been so long, so long and forever is just a minute to me..!
I'm so glad that I was able to see you singing again, here in Tokyo, to my astonishment. I've just thought that so long long way I came and so did you, huh? Things have changed around me, that I can't believe I'm still me, the same me.

Well let's talk about your performance today.


Starting by my favourite number in your new album,

"Why Don't You Give Me Some Love"

and swiftly moving on

"Billy"

it's about you James, I'm hypnotised by you for sure,

"High"

"I Really Want You"

"Carry You Home" always makes me feel crying, people say it's Goodbye My Lover but that's not the one for me crying,

"I'll Take Everything", you said media in your country said You're Beautiful is the wedding song and Goodbye My Lover is for the funeral, but let's not put You're Beautiful in my wedding as I don't think I can find one of my ex-s to sing this song. It was a good line you said "I'll Take Everything" is the song for those who are going to devorce. Well,,,,, I'm actually speachless. Thanks for your songs of the life. anyway.

"Goodbye My Lover"

Naughty "Annie"

"'Cause I Love You"

Here it comes, "You're Beautiful"

"Shine On"

"Out of My Mind"

"Wisemen"

"Jimmy"

"One of the Brightest Stars"

"Same Mistake"

"1973"

It was comparatively short for me to get fully into but as a normal office worker (astonishingly I am now), maybe it was your courtesy that wrap it up rather earlier than I expected. Yeah it's still Monday and we've got long week ahead.

Hope I see you again somewhere on the planet.
# by masala_days | 2008-04-21 23:27 | 勝手に宣伝部長

そして時は過ぎ

そして時は過ぎ_c0036998_23462439.jpg


ラトビアのどこか
深夜の長距離バス停
# by masala_days | 2007-03-19 23:46 | 旅なんちゃって

堂々巡り

山の頂上で、なくしものをしました。
暗かったので落としたことに気づきませんでした。

インドのアンティークの布でつくった小さな入れ物でした。
それは一見すると、ただの汚いボロキレなのですが、その実、
おそらくは何十年も昔の砂漠の民が、
ひと針ひと針刺した刺繍がみごとな布でした。

5年間いつも肌身離さず持っていました。

大切なものなのにぞんざいに扱っていました。
なくしてから後悔しても遅いのに。
もう戻らないのかな。
身体の一部を引き剥がされた気分です。

それはすべてすべて自分のせい。
悲しくて悲しくてやりきれません。
堂々巡り_c0036998_21204010.jpg


壊れてみよう

僕たちは

希望の屑だから

[スピッツ: インディゴ地平線]
# by masala_days | 2006-11-13 21:22 | 旅なんちゃって

渇望

渇望_c0036998_0121677.jpg
それは、わたしのせい

なんでしょうかね?

ふと振り向いたら ずっと欲しかったものが

しごく唐突に 目の前にあった

それだけのことです




黙れ 黙れ 黙りやがれ




綺麗な景色は あなたの横を 

ただ

すべり落ちていく



茶番を嗤う 嗤え 嗤いたまえ

帳尻が合えば それでいいのだ

目を閉じず 前を向け 向いて 向きたまえ
# by masala_days | 2006-10-20 00:03 | 旅なんちゃって

西の最果て~コーンウォールの風~

優しい人が きまぐれに
「コーンウォールに綺麗な景色を見に行こっか」

後生大事に握り締めた
願いはあっけなく宙に舞う 

けれど世界は
思わぬ角度から
きらきら輝き出す
西の最果て~コーンウォールの風~_c0036998_19435018.jpg
西の最果て~コーンウォールの風~_c0036998_19441398.jpg

端っこまで行ってきた
わたしの道が
ここから始まるように
西の最果て~コーンウォールの風~_c0036998_19443777.jpg

この道はきみに続く
かならず!

The Road to Y

夜行バスとかバックパックが
ちょっとつらいお年頃です。
でもいいんだもん!
# by masala_days | 2006-09-09 19:46 | 旅なんちゃって

そんな偶然

そんな偶然_c0036998_555276.jpg
やさしい人よ
霧が晴れたら
ふたりでジュースでも

ハートが帰らない/隼:スピッツ
# by masala_days | 2006-08-31 05:55 | 旅なんちゃって

やっとひとつ分かりあえた

やっとひとつ分かりあえた_c0036998_6175885.jpg


おっぱい/花鳥風月:スピッツ
# by masala_days | 2006-08-21 06:18 | 旅なんちゃって

阿呆天国

阿呆天国_c0036998_6212995.jpg


きみのヌードをちゃんと見るまで
ぼくは死ねない

(スピッツ; ラズベリー「空の飛び方」)
# by masala_days | 2006-08-14 02:04 | 旅なんちゃって

夢遊陶酔

夢遊陶酔_c0036998_9122224.jpg
夢を見た
陽だまりで
きみ 笑う
# by masala_days | 2006-08-05 09:12 | 旅なんちゃって

濁流沈殿

濁流沈殿_c0036998_23565423.jpg
落ちていく 沈んでいく
きらめく水面を静かに見上げ
浮遊するものどもに 
微かな流れを送り
上へ上へ押しやりながら

われ
落ちていく 沈んでいく
# by masala_days | 2006-08-02 23:59 | 旅なんちゃって

餌付大作戦

餌付大作戦_c0036998_0211040.jpg

# by masala_days | 2006-07-26 00:21 | 旅なんちゃって

ばあちゃんに会った話

ばあちゃんに会った話_c0036998_2281133.jpg
「よく来てくれたねえ」
開口一番、迎えに来てくれた伯母さんは言った。

春先に日本に帰りたかったのは、いろいろ会いたい人がいたからで、
そのなかに、ずっと会っていない父方のばあちゃんがいた。

きょうだいの多い父方は従兄弟もやたらと多く、末っ子の長女なんぞは
あまり存在感がない。
近所に住み初孫で蝶よ花よと猫かわいがりしてもらえる母方とは立場が違う。

中学までは毎年正月に会いに行っていたが、以降はよくて2、3年に一度、
特にここ5年は海外をウロウロしていたせいもあって、
まったく足を向けていなかった。

写真で見る若い頃のばあちゃんは、ちょっとロシア系の血でも
引いているかのような、日本人離れした鼻筋の通ったきれいな人だ。

その人が10代の若さで、写真でしか見たことがない爺ちゃんの元に、
船に乗ってお嫁にいくのである。
お見合い婚で、当時、爺ちゃんは朝鮮半島で教師をしていた。

たったひとりで海を渡ったばあちゃんは、その後、戦争が
終わるまで爺ちゃんとともに朝鮮にいた。
戦争が終わって引き上げる段になって、教職にあった爺ちゃんはロシア軍(うろ覚え)に
拘束され、妻子だけを先に返すことになる。

ばあちゃんと3人の子ども、そしてばあちゃんのおなかにいた4人目の子どもは
船に乗って、日本を目指した。

その船が、途中で難破する。
ばあちゃんは身重の身体で必死に泳ぎ、陸に辿り着いた。
自分は救助されたものの、子どもたちは諦めなければ、と思っていたら、
数日経って、皆、自力で泳ぎ着いて救助されていたことを知る。
嵐の中、冷たい海で泳いだというのに、おなかの子どもも無事だった。

帰国したものの、爺ちゃんの行方はしれない。
嵐でも無事だった伯母が生まれる。
何ヶ月か経ったころ、爺ちゃんはひょっこり歩いて帰ってきたそうだ。
数年後、うちの父親が生まれる。

……以上が、子どもの頃よく聞いた、父方の祖父母の足どりだ。
子どもの記憶なので、ディティールを覚えていない。

ばあちゃんが元気なうちに、もっとちゃんと本人の口から
聞いておきたいと思っていたのだけど、いつのまにかばあちゃんは惚け、
周囲の人のことが分からなくなっていた。

だから春に会いに行ったときも、何かと疎遠な私のことは
絶対に覚えていないだろうと思っていた。
でも、たとえ私が私だと分かってもらえなくても、
どうしても会っておきたかった。
そう遠くないうちに行ってしまうと分かってる人だからこそ、会いたかった。

久しぶりのばあちゃんは、元気だったころは丹念に染めていたきれいな髪が
すっかり白くなっていて、でもまだ豊かに波打ってはいた。
惚けてはいるし、疲れやすくもあったけど、思っていたよりずっと元気で、
ご飯も一緒に食べたし、何より、よくしゃべった。

「今日は、ばあちゃん、冴えてるよ」

自分で言って、ぱくぱくご飯を食べた。

おまけに、私の名前も間違えずにちゃんと呼んでくれた。
それが本当に覚えていて呼んでくれたのか、伯母さんやヘルパーさんが
私の名前を連呼するのを聞いてその場で覚えたからなのか、分からなかった。

ヘルパーさんが帰った後、伯母さんが言った。
「ヘルパーさんは毎日来てるのに、おばあちゃん、絶対に名前を覚えないの。
何年も会ってないのに名前を言えるってことは、あんたのこと、覚えてるのよ」

ずっと使ってなくて錆びていた回路が、どんな具合か、一瞬だけ、つながったらしかった。
ばあちゃんがしゃべる、その内容はけっこう無茶苦茶で、ツカミもオチもなくて
ひたすらずっと続くという、おそらく、惚けた人特有のものだというのに、

突然、

「そういやあんた、結婚はどうなった」
「なに人でもいいさ、大切なのはね、尊敬できる相手かってことだ」

そんなドキっとするようなことを言ってきたことを考えると、
やっぱり私を私として思い出してくれたんだとしか思えない。

私が帰ったあとはぐっすり寝てしまった、と伯母さんに聞いた。
きっと脳内が一時的に活性化して、いつもより疲れたんだろうな、と思った。

母方と違って、密に付き合ってこなかったから、知らないことがたくさんある。
幸い、伯父さん伯母さんや従兄弟が、爺ちゃんばあちゃんの
足どりを事あるごとに写真や文章、何らかの形で残してきている。
いつか、きちんとまとめることができたらいいな、と思い、それは、
まがりなりにも文筆業に携わっている、不実な孫である、
私の役目ではなかろうか、と最近、思う。

ばあちゃんは着実に弱ってきている。
来年の正月は、また会いに行こうと思う。
そして、ばあちゃんが、自分の言葉として発しているすべての言葉を、
記憶しておこうと思う。

嵐の中、もし生き延びていなかったら生まれていなかったうちの父親、
そして時を経て私へとつながる線を、きちんとつないでおきたい。
# by masala_days | 2006-07-16 03:29 | 旅なんちゃって

迷い牛

迷い牛_c0036998_2122698.jpg
It wasn't you but me who strayed.
# by masala_days | 2006-07-14 02:14 | 旅なんちゃって

巡回満月

巡回満月_c0036998_5125533.jpg
ベイカー街のビルの隙間に
浮かぶよ満月
密やかに

光り

きっと今 君を 照らしている
# by masala_days | 2006-07-12 05:12 | 旅なんちゃって

小旅行

久々の遠出。ドミトリーも久しぶり。
まだドミトリーに泊まれる自分がいとおしい(笑)。
小旅行_c0036998_6574531.jpg
James Bluntに会いにいった。
暑さにうだりながら田舎バスに揺られていたら、
自分が今どこにいるのか、分からなくなった。

あれ、ここはラオスだっけ。
タイだっけ。
インドだっけ。
アフリカのどこかだっけ。

ちょっとした白昼夢とフラッシュバック。
脳みそトロケソウ。
こんなに暑いのに、エゲレスの空は色素が薄い。

寝転がっていたら空がぐるぐる回りだした。
ついでに誰かの笑顔もぐるぐる回った。

また会える日はくるのかな。
あるなら、まだ見ぬ、底が抜けそうな笑顔が見たいな。
小旅行_c0036998_658336.jpg
小旅行_c0036998_6581836.jpg

# by masala_days | 2006-07-05 07:07 | 旅なんちゃって

忘却彼方

忘却彼方_c0036998_3215556.jpg
忘却彼方_c0036998_3221560.jpg
しゅわしゅわと泡の立つ黄金色の液体とともに
記憶が弾けて宙を舞う
# by masala_days | 2006-06-27 03:24 | 旅なんちゃって

邂逅

邂逅_c0036998_4321069.jpg
赤い月が巡り
眠れない夜が白む
畢竟 それは出口のない迷路
# by masala_days | 2006-06-17 04:37 | 旅なんちゃって

憧憬

憧憬_c0036998_2271682.jpg

# by masala_days | 2006-06-10 02:27 | 旅なんちゃって

夕暮倫敦

夕暮倫敦_c0036998_7133853.jpg
ときどきは、ごまかしてもいいことにしよう。
何も考えないでただやみくもに働く。
忙殺。間をあけない。
胸の痛みに気づいてはいけない。

カフェインの過剰摂取であがる脈拍。
# by masala_days | 2006-06-04 07:15 | 旅なんちゃって

きっとそれが真実

きっとそれが真実_c0036998_5423154.jpg
君は僕を忘れるから
その頃にはすぐに君に会いにいける
(すばらしい日々:ユニコーン)
# by masala_days | 2006-06-02 05:43 | 旅なんちゃって

サヨナラ

サヨナラ_c0036998_6381021.jpg
記憶の底に、あなたの残像を押し込める。

さよなら。

簡単な言葉だ。
# by masala_days | 2006-05-28 06:38 | 突然ですが、よろめきドラマ

じいちゃんの38年

其ノ一:昭和30年代

「周りのみんなが『あんないい人はいない』というので、
そういうものかしらと思って」(静子談)

戦後、すぐに結婚。一女二男に恵まれる。
官庁勤めで贈られる品物を、「受け取ってはならない」と
夫婦揃って丁重に返しにいったりする律儀な役人だった。

其ノ二:昭和40年代

粋な趣味人で、なかでも音楽にはそうとう気合いが入っていた。
母は音楽の先生となり、同じ学校の父と結婚する。

「校長室でガラガラガッシャーンとすごい音が聞こえると、それは間違いなく、
校長先生相手に熱くなりすぎて机をひっくり返したお父さんの仕業だった」(母:談)

其ノ三:昭和50年代

「『まだ勤め始めたばかりだからいらない』って言うんだけど、
可哀相だから産みなさいって言ったのよ」(静子:談)

どうやら私は、ばあちゃんのひと言で生を受けることができたらしい(笑)。

じいちゃん、地球の裏側に行ってしまった孫を追って何十時間も飛行機に乗ったりした。
退職後は個人事務所を設立。

戦争が嫌いで、よくわかりもしない孫に熱くなって話したりもした。
共働き家庭の子守りで年中忙しい、じいちゃん、ばあちゃんであった。

ちなみに私。
じいちゃんの年賀状に描かれるくらい、本ばかり読んでいる小学生であった。


其ノ四:昭和60年代から平成へ

ばあちゃん、じいちゃんの見よう見まねで始めた書道で、師範代までこぎつける。
80歳になる今も何か小難しい漢詩のようなものを書き続けている。
「分かるの?」と聞くと、
「それがねえ、よく分からないのよー」
そんなばあちゃんが好きだ。

じいちゃんの弟は、戦前、ミュージカルで活躍する歌手だった。
自分は内地勤務だったからどうということはないが、才能ある弟の方が
前線に送り込まれ、死んでしまったと言っていた。
戦後はGHQの通訳をしたそうだ。

そういえば、イマイチよくわからん英語をたまに話していた。

陸軍士官学校時代の知人という人たちから、
今でもたまに、ばあちゃん宛に連絡がある。

其ノ五:平成

若いころから患っていた糖尿病の影響で、晩年は耳が聞こえなくなり、
目も見えなくなっていった。

「孫のために」といっては、ばあちゃんに内緒で鯛焼きを買い込み、
「えー、先ほど、ステーキ定食を召し上がっていかれました」と
近所のレストランから通報があり、ちっとも養生しない。
みなに文句を言われ、「おじいちゃんはウサギじゃありませんよ」と
不満たらたらでまずそうに野菜中心の食事をくらう。
万歩計を手に一生懸命振っているので何かと思うと、
「『医者に怒られるから、もうちょっと数字をあげとかないと』っていってたよ」(父:談)

年賀状は38年間、毎年欠かさず書いた。
「年末になると仕事そっちのけで図案を考え出して、困ったわよ」(静子:談)

見えない目で、平成8年の年賀状を仕上げた。
ねずみに筆を持っていかれたじいちゃんが、手探りで筆を探す絵だ。
ばあちゃんが傍らで、「あそこですよ」と指し示す。
元気だったころの、力強い線で描かれた絵とはまったく違う、ガタガタの絵。
同じ人が描いたとは思えない。

見えなくても、ばあちゃんの笑った顔は描けた。

この年、目と耳が完全に悪くなり、じいちゃんは急激にボケていった。
私のことも分からなくなった。寝たきりになった。
枕元で蜜柑を剥いてあげると、うれしそうに笑って口に運んだ。

ボケていくじいちゃんを見るのは哀しかったけれど、
人生の終わりに子どもに返っていくのかな、と思えば、
それはそれで理にかなっているような気もした。

年賀状から半年少したった夏のある日、じいちゃん、永眠。
長く患うこともなく、ボケ始めてからあっという間のことだった。

享年77歳。みごとな大往生だったと思う。
# by masala_days | 2006-05-22 07:10 | 年賀状コレクション

光へ

光へ_c0036998_6251611.jpg

# by masala_days | 2006-05-12 06:25 | 旅なんちゃって

あの空の向こうに

あの空の向こうに_c0036998_7145858.jpg
閉じていく思い出の そのなかにいつも
忘れたくない ささやきを聞く
こなごなに砕かれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される

はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 充たされてゆけ


(いつも何度でも:覚和歌子・木村 弓)
# by masala_days | 2006-05-11 07:18 | 旅なんちゃって

種を蒔く人へ

種を蒔く人へ_c0036998_9473958.jpg
割れものは手に持って運べばいいでしょう
(スピカ:スピッツ)

ねえ? わたしの両手、ちょっと小さすぎるけれど。
# by masala_days | 2006-05-10 09:51 | 旅なんちゃって

海を見に行った

海を見に行った_c0036998_20112341.jpg

# by masala_days | 2006-05-06 20:11 | 旅なんちゃって

海を見に行こう

突然、平日のお休みができた。私的に特別な日だったので、

田舎道を通って
海を見に行こう_c0036998_334252.jpg
海を見に行くことにした
海を見に行こう_c0036998_335249.jpg
秘密の花園を抜けたり、
海を見に行こう_c0036998_3361623.jpg
木洩れ日をくぐったりしながら
海を見に行こう_c0036998_338986.jpg
街道のパブで、ときどき休憩もしてるうちに
海を見に行こう_c0036998_339278.jpg
ついに夕陽と追いかけっこ
海を見に行こう_c0036998_3394720.jpg
もう少し待ってよ
海を見に行こう_c0036998_3402190.jpg
私はここにいるよ
海を見に行こう_c0036998_3405530.jpg
長い坂を上って、風を切って今度は下る
あなたに見せたい、あなたと感じたい、
お馬さんと青い草と、風が運んでくるそんな匂い

私はここにいるよ
森を抜け丘を越え
トラックの横風に煽られて
70数キロを走ったよ
真っ暗闇の海に着いて
大きな声で
あなたの名前を呼んだ

逃げない 隠れない ごまかさない
私はここにいます

3歩進んで2歩さがり ふりだしに戻ったりしながら
私の時間は過ぎていく

Happy fucking birthday to me.
こんな32歳の誕生日があってもいいね
海を見に行こう_c0036998_3474742.jpg

海を見に行こう_c0036998_349571.jpg
帰りはちょっとズルしました
# by masala_days | 2006-05-05 03:52 | 旅なんちゃって

二輪旅路

二輪旅路_c0036998_5114299.jpg

二輪旅路_c0036998_5121358.jpg

二輪旅路_c0036998_5125180.jpg

# by masala_days | 2006-05-02 05:13 | イギリス話

花海耽溺

花海耽溺_c0036998_4424212.jpg
And the best thing I can do is run.
(Out of the Tiles:Led Zeppelin)

本当はちょっと走りつかれたのだが。
# by masala_days | 2006-04-30 04:50 | イギリス話


20代の暗黒時代をインドとイギリスその他あちこち季節移動し続け、30代、やっと日本国で社会復帰。8か月の産育休を経て、現在、働くかあちゃん。オットの不在中に衝動買いしたマンションの借金返済に勤しむ


by masala_days

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

カテゴリ

全体
インド話
イギリス話
英会話あれこれ
旅なんちゃって
突然ですが、よろめきドラマ
Life Isn't All Ha Ha
日本の夏、東京の夏
勝手に宣伝部長
出張料理人修行
年賀状コレクション

以前の記事

2010年 09月
2008年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月

ライフログ

Slumdog Millionaire: A Novel

インド商人ならこう考えます―ヒンドゥ世界に学ぶビジネス必勝法

インドで「暮らす、働く、結婚する」

Taranga

A Fine Balance

Life Isn't All Ha Ha Hee Hee

Back to Bedlam

カレーな薬膳

バンコクの妻と娘 (文春文庫 (269‐2))

不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か (新潮文庫)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧